[17F2]6/17(日) 12:00-13:30 芥川 舞子/「女性のための、ハタヨガ」

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

タイトル:「女性のための、ハタヨガ」

内容:ヨガの歴史は長いですが、女性がヨガをし始めた歴史はそれに比べると短く、今ある多くの流派の創始者が男性であることから、男性の性質に合った手法であることがほとんどです。
その証拠に、月経中はヨガをお休みすることを推奨される場合が多いです。


ですが、私は思います。
「月経期間中こそ、ヨガでコンディションを整えて快適に過ごしたい」と。


本クラスでは、女性の性質を活かし、女性がもっと輝くためのヨガの実践法をご紹介します。
身体の動きとしては、伝統的なハタヨガにおいて重要視される「バンダ」に着目しながらポーズを行います。
今回は、主要な3つのバンダのうち骨盤底筋と関連性の高い「ムーラバンダ」により集中します。


また、身体を水平方向に伸ばすアーサナを積極的に実践し、股関節の可動を拡げ骨盤内スペースを確保し、生殖器官や排泄器官の働きをスムーズに導きます。
お腹を引き締めすぎたり、過度な捻り、逆転のポーズはあえて取り入れないので、月経中に安心して実践できるのはもちろんのこと、むしろ月経中にこそ行うことで効果を感じやすいでしょう。


そして座学では、女性の性質や生活状況に合わせた毎日の実践法を提案します。
ヨガをしようと思っても腰が重い時、決めた通りに行動できない時、それは怠惰な性格のせいだと思っていませんか?
ヨガが重荷になっている時は、それは性格の問題ではなく、もしかしたら自分の変化に伴っていないヨガの練習をしようとしている時なのかもしれません。
女性は、男性よりも変化の著しい生き物だということを知り、いつも同じようにあろうとすることをやめ、変化の中でのバランスを見つけましょう。


そのためには、日々のヨガの練習が大変役立ちます。
女性の性質と自分の個性に合ったヨガの練習法が生み出せれば、喜びと楽しみとともに日々のヨガの練習ができるはずです。


古代から受け継がれている正統なハタヨガの叡智をなるべく正確に理解しつつも、そこに囚われすぎず、現代な生活や女性の性質・個性に合わせた練習法に改良すること。
これがまさに、女性がヨガを始めてまだ日が浅い現代において必要な感性なのではないでしょうか。
ヨガで足りない何かを補うのではなく、自分自身をよく知るためにヨガをしましょう。


女性を知り、自分を知り、あるがままを認め、生まれ持った身体と性質を楽しめたらいいですね。



事前予約2,500円 当日券3,000円

YOGAWOMAN 公式HP:https://event.yogawoman.jp

※こちらのクラスの参加は女性限定です。
※表示価格は前売り価格です。当日券は3,000円となります。
クラスチケット予約完了後のキャンセルはできません。開催日や時間等、お間違えのないよう確認してからご購入ください。
※携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。
「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。
もしも届かない場合はcontact@yogawoman.jpまでご連絡ください。

【会場】
3331 Arts Chiyoda
〒110-0005 東京都千代田区外神田6丁目11-14
http://www.3331.jp/

※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する